世の中には、色々なポイントサイトがあります。
主にポイ活に使用されることが多いサイトですが、実はクレジットカードの現金化に使われる場合もあります。
ポイントサイトを使ったクレジットカードの現金化には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

色々な方法で現金を得られるポイントサイト

通常の現金化と言えば、商品を買って売却したり、キャッシュバックを受ける仕組みとなっています。
ポイントサイトはそうではなく、サイト内の案件を経由してポイントを受け取る仕組みです。
ポイントサイトの案件は、口座開設をしたり、会員登録をすることでポイントを得られるなど色々です。
そして商品やサービスを購入して、ポイントを得られる案件もあります。
その案件にクレジットカードを使って取り組み、ポイントを得るのが現金化の方法です。
手に入れたポイントは、現金として振り込んでもらえます。

換金率が高い案件を見つけられるのがメリット

ポイントサイトに登録されている案件の種類は、とても豊富です。
その中には、換金率が高い案件が混ざっているかもしれません。
通常クレジットカードの現金化と言えば、手数料を引いた換金率が80%程度になることも多いです。
けれどポイントサイトの案件次第では、90%以上の換金率も期待できます。
そして案件の新規キャンペーンやポイントサイトのイベントなどによって、実質の換金率が高くなる場合もあります。
そんな風に、相場よりも高い現金を得られる可能性があるのがメリットです。

怪しい案件が紛れているかもしれないのがデメリット

ポイントサイトの中には、換金率が高い好条件の案件が数多くあります。
けれど、良い案件ばかりとは限りません。
中には悪質な案件が混ざっている恐れがあります。
商品を購入した後で、営業のダイレクトメールを大量に送ってきたり、無理に定期契約を結ぼうとしてくる相手がいるかもしれません。
現金化だけが目的の場合、そういった邪魔な営業やトラブルに巻き込まれるのがデメリットです。
なので問題がなさそうな案件を、自分で選ばなければいけません。

まとめ:少ない回数の現金化であれば高換金率のポイントサイトを活用

ポイントサイトを使ったクレジットカードの現金化には、メリットとデメリットの両方があります。
ただ、少ない回数で、高換金率の案件だけを狙うのであれば、デメリットの影響を受けずに済むかもしれません。
なので、まずはポイントサイトに、安全で高換金率の案件がないかどうか、見てみると良いでしょう。

クレジットカードの現金化は失敗してしまうことがある!よくある失敗とは?

クレジットカードの現金化は、必ずしも成功するとは限りません。
何らかのミスによって、失敗してしまうこともあり得ます。
では、どんな失敗があるのか、よくあるパターンをご紹介していきます。

現金化をしていることがバレてクレジットカードが停止

クレジットカード現金化の失敗で多いのは、カードの利用停止です。
現金化は、クレジットカードの本来の使い方ではありません。
なのでクレジットカード会社からは禁止されています。
そのため、もし現金化していることがクレジットカード会社にバレてしまったら、カードを止められてしまいます。
特に自分で現金化するために、同じ商品を大量に買ったら、クレジットカード会社から怪しまれやすくなります。
そして調査が入って現金化したことが明らかになり、カードを使えなくなってしまった人はいます。

悪質な業者を選んで納得できない結果になる

クレジットカード現金化のために業者を利用する場合、その業者選びに失敗してしまうパターンもあります。
クレジットカードの現金化業者は、全てが優良とは限りません。
中には、嘘をつくなどして、騙そうとする業者もいます。
特に換金率の高さを謳っておいて、実際に利用してみた段階で低い換金率を適用する業者が多いです。
その他にも、手続きをしたのに現金を振り込まない、振り込みまでにとても時間がかかるなど、色々な業者があります。
そんな業者を選んでしまうのは、大きな失敗です。

現金化業者と間違えて闇金からお金を借りてしまうパターンも

クレジットカードの現金化業者の中には、現金化業者を装っている、悪徳な闇金業者が紛れていることがあります。
もちろん、優良どころか、本物の現金化業者ですらありません。
現金化で振り込みをするフリをして、お金を貸してきます。
そして後から利息付きでそのお金を返せと要求してきます。
場合によっては、個人情報を使って脅されたり、長い間をかけて取り立てをしてきたりします。
クレジットカード現金化に関する失敗の中でも、最悪の失敗と言えるでしょう。

まとめ:誰でも現金化に失敗してしまう可能性がある

クレジットカード現金化の失敗例を挙げてきましたが、どれも決して他人事ではありません。
現金化を行う人であれば、誰にでも起こり得る失敗です。
なので失敗をしないように、詳しい失敗例は知識として持っておきましょう。

MENU